a/n mat titanium [b-0601]

<BuddyOptical>a/n mat titanium [b-0601]

販売価格: 30,240円(税込)

color:
数量:

p (ピアノ) コレクション ... a/n

 

正円に近い、レトロクラシックな形状です。

 

片側のテンプルエンドから、もう片側のテンプルエンドまで一筆書きしたような、無駄の無いシンプルなデザインとなっています。

1800〜1900年代前半までの眼鏡に多く採用されていた、SADDLE BRIDGE 。

日本では通称、一山 (いちやま) と呼ばれるブリッジです。

テンプルは、1920〜1930年代に主に見られた形状を、デザインとして少し大きめのカーブを取り再構築しています。

また、ノーズパッドがなく、左右のレンズをつなぐブリッジがノーズパッドの役割も果たしている無駄のないデザインです。

 

ノーズパットなしの一山ブリッジに、先セルを丸めたクラシックなデザインながらも顔に馴染みやすく、

素材がチタンのため軽量で日常的に掛けやすい眼鏡となっています。

 

チタン素材の表面処理(メッキや塗装)を行わず、素材の持つ風合いを活かしオリジナルの加工を施した店舗限定のモデルです。

 

 

フレーム チタン素材 

レンズ CR-39素材 ハードマルチコーティング(国産品)透明度が高く、紫外線を99%カット(SPF50+PA++)

 

”P COLLECTION ”

様々なデザインがあふれるファッションアイウェアの中で、スタンダードを求めるのは難しい。(特に女性をターゲットにしたモノに於いて) それがダテメガネであった場合は特に顕著で、オーバーサイズのモノやデコラティブなものになってしまいがちです。 コーディネイトの足し算としての眼鏡。 勿論そういった使い方は正しい。しかし少々力んだ感じも否めません。 もう少し気軽にファッションとしてのメガネを楽しめないか。 私たちは本コレクション” p “(ピアノ)をもって数あるファッショナイウェアのスタンダードと仮定しようと思うのです。 白いシャツやカットソーは何着あっても良い等と言いますが、つまりはそういうことです。 現状のファッションアイウェアを” f “(フォルテ)とするならば、本コレクションは” p “(ピアノ)でありたいと考えます。 また、各モデルにはドイツ語音階で”ドレミファソラシド”にあたる、” c (ツェー) , d(デー), e(エー) , f(エフ) , g(ゲー) , a(アー) , h(ハー) , c(ツェー) “を配し、その名称としています。 音階が異なるように、それぞれのモデルの表情も少しづつ違います。選ぶひと一人ひとりが最適な” 音 “に出会うことを願います。 ※ Buddy OpticalのレンズにはHYDEレンズが採用されております。    HYDEレンズとは、『サングラスの機能を持ったクリアレンズ』。    紫外線カット機能が備わっており、眩しさを抑えてくれるのです。 ※ SPF50+・PA+++ の紫外線カット機能と光の反射・映り込みを抑えたクリアカラーレンズ。

 

MADE IN JAPAN (福井県鯖江市)